婚活は『職業>年収』で選ぶべき【AI時代の現実】

婚活職業年収

 
こんにちは、ともひろです。

最近、10年後、どんな職業だったら稼げるのか妄想するのが趣味になっています(笑)

婚活中のみなさんは、どんな相手と結婚したいですか?

女性の多くが「性格や価値観が1番大切だけど、現実的には年収も気になっちゃう」というのが心の声ではないでしょうか?

たしかに、子供を養うためには経済力は欠かせないですよね!

ただ、「今の年収」ってあまりアテにはできないんです。

理由は、AIによって職業の50%が消滅するから。

つまり、今の時点で年収1000万円の人も、10年後、年収300万円になっている可能性があるとも言えます。

結論から言うと、「婚活では相手の職業は、10年後も稼げるのか?」にフォーカスして相手探しをすべし!です。

この記事では、「年収2000万円になる職業」と「年収300万円になる職業」について解説。

さらに、「稼げる男性」か「貧乏になる男性」を見分ける裏技も暴露しちゃいます!

婚活中の女性、必見です!!

婚活は『職業>年収』で選ぶべき【AI時代の現実】

婚活職業

【質問】
(A)と(B)どちらの男性と結婚したいですか?

(A)銀行員
2019年:年収1000万円
2030年:年収500万円
(B)アプリケーション開発者
2019年:年収500万円
2030年:年収1000万円

結論から言うと、「2019年時点で高収入な男性」よりも、「結婚後に稼いでくれる職業の男性」を選ぶべきです。

結婚相手にした方がいいのが(B)の方ですね。

多くの女性が「将来、安定した収入がある男性」と結婚したいと思っているんじゃないでしょうか?

ここで注意すべきなのが、今、高収入な職業の50%が10年後には消滅しているという現実。

特に、AI(人工知能)の影響で、大打撃を受ける職業がたくさんあります。

婚活相手に選んではダメ「消える職業」

婚活職業

将来、貧乏になり得る職業をご存知ですか?

下記にまとめた職業は、消滅の危機にあります。

多くの専門家や政府が同様の発表をしているので、残念ですが、ほぼ間違いなく「消える職業」と考えられます。

つまり、下記の職業に就いている男性と結婚するのは、かなりのリスクがあります。

もし、婚活中でしたら避けるべきです!

下記のtweetは、アメリカの調査なので、日本で必ずしも当てはまるとは限りません。

ただ、一般的に日本の5年後が今のアメリカと言われているので、信頼性の高い情報として参考にできます。

これが悲しい現実です。

婚活相手に選ぶべき「稼げる職業」

婚活職業

次は、将来も安定して稼いでくれる有望な職業です。

高収入かどうかは個人差がありますが、「消滅しない職業」ですね。

情報源は「PRESIDENT」という日本の経営者にはおなじみのビジネス雑誌なので、信頼性は高いです。

「稼げる男性」か「貧乏になる男性」を見分ける裏技【男子禁制】

ゼクシィ縁結び2ch

『婚活では、職業が何かを注目すべし!』と主張してきましたが、ぶっちゃけ、収入は個人のスキル次第なところもありますよね。

同じ弁護士でも1億円プレイヤーもいれば、年収300万円の売れない弁護士も実在します。

将来、稼いでくれる男性の見極め方は、次の質問をするだけで分かっちゃいます。
 
 
「最近読んだ本は、何ですか?」
 
 
これで、生涯年収が見えてきます。

◇未来の年収2000万円候補【玉の輿】
「ビジネス書を読んでいます」

◇未来のTHE平均
「仕事に使う資格を勉強しています。」

◇未来の年収300万円候補【貧乏】
「漫画や小説なら読みます。」

これはデータに基づきます。

ちなみに、厚生労働省によると、日本人の社会人の「平均勉強時間」は1日6分で、勉強しない人は低所得者であることもわかっています。

さて、次の7つが年収2000万円の人の特徴です。

  • プライベートの時間に勉強している
  • お昼の時間に勉強している
  • 「政治」「経済」への関心が高い
  • 会社と家が近い
  • 平日に1時間以上勉強している
  • 情報源は「ネット・SNS」「テレビ」ではなくて、「新聞」「雑誌」「書籍」
  • 年収2000万円の約50%がビジネス雑誌を定期購読している

出典:PRESIDENT

もし、玉の輿に乗りたいのなら、「どんな勉強をしているんですか?」と質問してみてください。

この質問をするだけで、男性の本性が丸裸になります。

「稼げる職業」の男性と出会う方法は2つ

婚活職業

答えから言うと、次の2つです。

  • 結婚相談所
  • マッチングアプリ

「年収」を条件にするなら、婚活パーティーの「1000万円限定パーティー」もアリですが、どんな職業に就いているかは会ってみるまで分かりません。

他の出会い方でいうと、「合コン」や「街コン」はそもそも婚活に向かないですし、「ナンパ」は論外ですね笑

「昔からの友人」や「社内恋愛」だと安心感がありますが、現実的になかなか難しい問題もありそうです。

消去法で考えると、『職業』で検索できるから、結婚相談所とマッチングアプリが便利です。

>>コスパ重視の結婚相談所

>>マッチングアプリおすすめ4選

年収2000万円の男性をGETするために、「出会いの数を増やす」「年収ではなく職業で決める」「読書をしている男性をターゲットにする」ことを実践してみてくださいね。

きっと、玉の輿に成功します。