マルチ商法の勧誘現場23選【元会員が暴露します】

街コン友達作り異性

 
こんにちは、ともひろです。

マルチ商法を3年経験して、
2000人のLINEを入手しました。

「絶対、マルチ商法の勧誘を受けたくない!」という人向けに、勧誘被害に遭いやすい現場を公開します。

実際にLINE交換した相手

(6桁:連絡先交換した日付。2桁:年齢)
マルチ商法勧誘被害ランキング
マルチ商法勧誘被害ランキング

批判覚悟でマルチの闇を暴露します。

マルチ商法の勧誘現場23選

ねずみ講アムウェイ

マルチ商法をはじめとした勧誘目的で、信者が「友達作り(勧誘候補作り)」をする場所は以下の通り。

順位が高いところは、ほぼマルチ商法・ビジネス系で汚染されています。

マルチ商法信者が出没する現場

  • 街コン
  • 謎の主催者の企画すべて
  • 異業種交流会
  • 相席居酒屋
  • 立ち飲みバー
  • グルメイベント
  • フットサル
  • バブルサッカー
  • ボードゲーム会
  • Twitter
  • 合コン
  • 大規模イベント
  • ナンパ
  • facebookイベント
  • 季節イベント
  • 読書会
  • 無料セミナー
  • 脱出ゲーム
  • 婚活パーティー
  • ボランティア
  • ネット婚活
  • 本屋
  • カフェ

街コン

  • 格安の街コンは30%以上がマルチ商法
  • かわいい子やイケメンからのお誘いは、怪しい
  • 同性と連絡先交換する人は99%アウト!
  • 勧誘者の特徴は、「明るい」「場を回すのが上手」「人見知りしない」
  • マルチ商法に入会したばかりの初心者が最初に行くところ
  • とにかく全員と連絡先交換をしたがる

僕は、街コンをマルチ商法の勧誘目的で60回参加経験ある上に、マルチ仲間・他社も参加しているのを当たり前のように見てきました。

ちなみに、シャンクレールで出会った20代女性に、旅行系マルチ「リゾネット」の勧誘を受けたことがあります。

かわいい子だったので、デート成立して喜んでいたら、カフェに入って早々、なぞの書類を渡されて「これ読んだら、感想聞かせて!」って(笑)

関連記事:街コンの選び方+おすすめ2選【70回参加した失敗談アリ】

謎の主催者の企画すべて

  • 友達の友達が主催の企画
  • たこぱ・読書会・地方飲み会などすべて
  • 常連が多いのは、特にアウト!
  • コンセプトがあったり、質が高いのが特徴

僕がマルチ商法時代の後半に主戦場としていた手口。

主催するから、儲かる上に、連絡先交換もカンタンです。

基本的に、企画自体は楽しいので、勧誘の罠に引っかかっているのは気づきません。

異業種交流会

  • マルチ商法以外にもバイナリーなどが横行
  • 格安なものほど、危険度が高い
  • 信頼できる企業が主催でも勧誘目的は多い

僕は経験なし。

噂では、転職の話⇒「儲かる方法がある」という流れのようです。

アムウェイが多いとのこと。

相席居酒屋

  • かわいい女性の勧誘者が多い
  • 勧誘活動のすきま時間に活用している
  • だいたいが「合コンやりましょう」となる

僕は経験なし。

女性は0円で、男性の連絡先好感し放題(しかも飲食も0円)なので、1度は通る道。

もし、相席居酒屋に行っている男性がいたら、今すぐやめた方がいいです。

立ち飲みバー

  • 東京だとHUBや銀座300BARが有名
  • 酔った勢いで話しかけてくる
  • かわいい女性から話しかけてくることもある

僕は30回くらい経験。

かなり難易度が高かったりします。

ただ、多くのマルチ商法の人は、コミュニケーショントレーニングを受けているので、見知らぬ人に声を掛けるのは平然とできます。

正直、一般の人なのかどうか見分けるのは難しいです。

グルメイベント

  • 「オクトーバーフェスト」はヤバい
  • ラーメンやカレーなどのイベント
  • 2人組みで自然と声をかけてくるのが特徴
  • 「それ、どこで売ってましたか?」が王道

30回ほど経験。

難易度は高いけど、無料で友達作り(勧誘候補作り)ができるのでコスパがいい。

6時間以上滞在する人が多い。

フットサル

  • 謎の主催者が企画
  • コンセプトがしっかりしている
  • 横のつながりが謎
  • 他のイベントにも誘ってくる

フットサルできないので、経験なし(笑)

マルチ商法勧誘者からしたら、気軽に誘いやすい。

その場では、怪しい行動は一切しない。

ボードゲーム会

  • キャッシュフローゲームは一発アウト
  • 謎の横のつながりの人が多い
  • 謎の主催者
  • 参加費は安いし、めちゃくちゃ楽しい

100回以上経験あり。

「キャッシュフローゲーム」は、マルチ商法の勧誘の必需品「金持ち父さん貧乏父さん」をゲーム化したもの。

完全にアウト!

金持ち父さん貧乏父さんマルチ商法ねずみ講アムウェイ

ちなみに「ワンナイト人狼」「ボブジテン」「ドミニオン」が個人的に好き。

Twitter

  • 知らない人から突然DMが来る
  • 「楽して稼げる方法がある」と勧められる
  • 片手間にやっている人が多い

僕のマルチ商法チームでは、禁止されてたので経験なし。

「#ネットワークビジネス」で検索してみると、ゾッとします。

合コン

  • 友達の友達と連絡先交換する場
  • 幹事をすると稼げる
  • 同性の友達が増やしやすい

街コンの次にぼくが活用した手口。

1ヶ月で最高16回開催。

合コンをやり慣れているから、クオリティーは高いのが特徴

もちろん、その場で怪しい言動は一切なし。

ちなみに、僕自身、アムウェイの人に勧誘されそうになりました。

大規模イベント

  • 「ゲームマーケット」「コスプレイベント」など
  • 幕張メッセ・ビックサイトなどのイベント
  • イベントの内容に関連した企画に誘ってくる

ぼくは経験なし。

周りで多かったのは、「ゲームマーケット」⇒主催のボードゲーム会⇒「キャッシュフローゲーム」⇒「金持ち父さん貧乏父さん」をおすすめする⇒マルチ商法を勧誘、の流れ。
ナンパ

  • 男⇒女だけではなく、女⇒女、女⇒男もある
  • 着地点は、合コン
  • 常套句は、「この辺で美味しいお店しっていますか?」

ぼくは経験2回。

いわゆる「ヤリ目」「ワンナイト」目的ではなく、誠実に道を聞いたりするので、注意が必要です。

facebookイベント

  • マイナーだからこそ、マルチが増えつつある
  • イベントで知らない人と連絡先交換しないのが吉

ぼくは経験なし。

最近は、どのイベントでもマルチ集団がうじゃうじゃしているので、あまりマルチがいないfacebookイベントが狙われています。

季節イベント

  • 「納涼船」「ハロウィン関係」「クリスマス関係」など
  • 自分主催のイベントに誘ってくる
  • 初対面の人が謎のイベントを企画してると言ったら、一発アウト!

ぼくは、10回ほど経験あり。

こういったイベントでは既婚のマルチ商法の人が躍進しています。

読書会

  • 「金持ち父さん貧乏父さん」へ繋げるための会
  • 謎の主催者
  • 謎の横のつながりがある

ぼくは、2回経験あり。

「朝活」と称して、ビジネス書をみんなで読んで、感想を言い合うのが一般的です。

ゆくゆくは、「金持ち父さん貧乏父さん」を紹介されます。

無料セミナー

  • 無料で参加できる全てのセミナーは危険です
  • 意識が高い人がターゲット
  • IT系・転職・技術系・料理など「すべて」

ぼくは、2回経験。

マルチ商法の人は、『無料』のものすべてに食い付きます。

脱出ゲーム

  • 既婚者が勧誘します
  • ペアになった相手がターゲット
  • マルチ商法初心者が比較的多い

ぼくは、経験なし。

マルチの人にとって、コスパは悪いですが、連絡先交換するのは容易です。

バブルサッカー

  • とあるビジネス系集団が悪用
  • バブルサッカー自体は、楽しい
  • 体育館でやる

僕は経験なし。

最近ブームのバブルサッカーをはじめ、イベントを主催して、集客するのが常套手段となっています。

ちなみに、運動会やピクニックは企画しました。

婚活パーティー

  • 男性4000円・女性500円などの格安は危険
  • 連絡先交換がカップリング者のみの婚活パーティーは安全
  • 当たりハズレがある

婚活パーティーによって、歴然とした差があります。

「シャンクレール」「エクシオ」よりも「パーティーパーティー」「ゼクシィ縁結びパーティー」が安全です。

パーティー選びのポイントは、「連絡先交換がカップリングした相手とだけできる」パーティーにしましょう。

マルチ商法の勧誘目的の人は、『できるだけ安く、できるだけ多くの人と連絡先交換したい』と思っているので、パーティーパーティーの個室iPartyがおすすめです。

パーティーパーティー口コミ評判パーティーパーティーの口コミ【必勝法3選】84%成功!?

ボランティア

  • 無料でできるから、勧誘目的が多い
  • 人柄の良い人を狙った、宗教の人が多い

ぼくは経験なし。

ボランティア活動に参加することは凄いことですが、最近では「ネットワークビジネス等の勧誘は禁止」と注意書きをよく見かけます。

ネット婚活

  • 当たりハズレがある
  • すぐに会いたがる人には要注意
  • 迷ったら大手のマッチングアプリが◎

ぼくは経験なし。

ネット婚活は、意外と安全です。

理由は、もともと相手に警戒心を持っている人が多いから、勧誘者からしても効率が悪いからです。

マルチ商法を辞めてから、純粋に恋愛目的で使っています。

ちなみに、8つ使って、3つは危険で、2つがまあまあ、2つが神でした。

本屋

  • ビジネス書コーナーで声をかけられる
  • 「金持ち父さん貧乏父さん」をすすめやすいから、狙われる
  • とはいえ、ほぼいないから安全

ぼくは経験1回。

難易度が高すぎるから、チャレンジする人はほとんどいません。

安心です。

カフェ

  • 1人の女性が1人の女性に声をかけます。
  • 常套句は「荷物見ててもらっていいですか?」

ぼくは経験なし。

これも難易度が高いので、チャレンジする人はほとんどいません。

安心です。

【被害撲滅】マルチ商法、勧誘者の特徴とは!?

マルチ商法アムウェイ

勧誘されないために、事前に見分け方をご紹介します。

特徴は5つ。

マルチ商法の見分け方

  • 初対面なのに、やたらと連絡先交換をしたがる。
  • 初対面なのに、将来の不安や夢を語る
  • プライベートが充実or休日に何を勉強しているとアピールしてくる
  • さりげなく健康の話題になる
  • とにかく明るく、口がうまい

基本的に成果を出しているマルチ商法の人ほど、「いい人」なので、見分けが難しいです。

できるだけ初対面の人とは連絡先交換せずに、もし会う時も2人きりで会わないようにしましょう。