【危険!】読書会の出会い=「マルチ商法」への入り口【対策せよ】

読書会出会い

読書会に出会いはあるのか知りたい人「読書会に出会いがあるのか知りたい。本を読むのが好きだけど、感想をシェアしたり、アウトプットしたいなと思って、読書会を探しています。あわよくば、異性との出会いや友達作りもしたいな…。人見知りな僕でも出会いやすい読書会があれば教えてほしいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 読書会の出会い=マルチ商法への入り口
  • 「安全」&「出会い」がある読書会は、、存在しない
  • 「読書好きの恋人」を見つける方法

この記事を書いている僕は、元マルチ商法信者です。モデーアというネットワークビジネスの会社で3年間活動していました。

批判覚悟で懺悔しますが、、、読書会で3回ほど勧誘をしていたことがあります。

元マルチ会員の僕が「読書会の危険性」について黒歴史を公開しつつ、ご紹介します。

読書会の出会い→マルチ商法へ

読書会出会い

いきなり結論ですが、、
「出会い目的」で読書会に参加すると、マルチ商法に引っかかるリスクがあります。

実際にTwitterで検索すると、山のように「読書会で勧誘された…」という報告が見つかりました。

被害者の声

↑で読書会の危険性は伝わったかもしれませんが、実際に僕が(勧誘目的のために)読書会を開いた時のエピソードをお話しします。

僕らが主催した「闇の読書会」

2017年に池袋のカフェで朝活として、読書会を開きました。
参加者はマルチ会員3名+その友達7人ほど。

当時の師匠(マルチの中心人物)が年間300冊以上読破する読書家ということもあり、勧誘目的+新たな出会いの創出のために開催しました。

課題図書は、下記の本。

「あと数年で会社はなくなる」という内容の書籍かつ安価なので、コレが選ばれました。

読書会の中では勧誘行為は一切行わずに、読書会の中で参加者のニーズや性格、価値観を知るために「この本を読んで、今後にどう生かすか?」をアウトプットしました。後日、2人でお茶したり、飲み会へ誘って、、、勧誘活動がはじまる感じです。

「休日の朝に、みんなで読書する習慣を身に付けたい!」という声が上がるほど大盛況でした。(なので読書会自体は価値があると思います。)

読書会が勧誘の温床になるワケ

  • 向上心がある人が多い
  • 行動力がある人が多い
  • 出会いを求めている人が多い
  • 低価格で参加できる
  • 自然に勧誘本(金持ち父さん貧乏父さんなど)の話題に持っていける

↑こんな感じで、読書会に参加する人は、マルチ商法などのビジネスに興味を持ちやすいから、勧誘目的の人が大量発生しちゃうんです…。

「安全」かつ「出会い」がある読書会は、、存在しない

読書会出会い

「マルチ商法を勧誘する人がいるのは分かった。けど、読書仲間が欲しいし、いろんな出会いがある読書会があれば参加したい!」という人も多いと思います。

悲報。

100%安全な読書会は、絶対にない

これは断言できますが、「純粋な読書会」と言える読書会は存在しません。

たとえ主催者が「国や地方自治体」「超有名企業」「評判の良い団体」だとしても、マルチ商法/宗教/怪しいビジネスの勧誘をされるリスクはあります。

「参加者」の対策は不可能

  • 「主催者」がマルチ会員 ←対策可能
  • 「参加者」がマルチ会員 ←対策不可能

安全な主催者を見分ける方法はいくらでもあります。ググッたり、Twitterで検索したら事前に「安全かどうか?」は分かりますよね。

ただ、「どんな参加者がくるのか?」は誰にも分からないのが現実です。

参加条件/ルールに「勧誘は禁止」みたいな注意書きはあると思いますが、その場では勧誘せずに、出会って信頼関係を気づいてから勧誘されるので、主催者は対策ができません。

「読書好きの恋人」を見つける方法

読書会出会い

「一緒に読書したり、感想を言い合ったりできる彼氏/彼女がほしい」という人は意外と多いのではないでしょうか?

そんな人には「読書好きイベント」に参加する価値はあるかもしれません。いわゆる街コンです。

男性は5000円とちょい高いので、サイフと相談ですが、勧誘目的の人はいないはず。「安全第一」の人なら検討してもいいかも。正直、読書好きイベントくらいしか読書関係の出会いは思い当たらないです…。

対策方法:マルチを撃退!

そうは言っても、「1000円以上お金を払ってまで出会いは欲しくない…」という人がほとんどだと思います。

そこで、「ふつうの読書会」で勧誘目的の人を見分ける方法をご紹介します。
»【元信者が語る】街コンは、マルチ商法が30%【見分け方12選】

↑さえチェックしとけば、嫌な思いをせずに済むと思います。

読書しつつ、素敵な出会いがあることを願っています。