パーティーパーティー 連絡先送信で失敗しました【絶望×3】

パーティーパーティー連絡先送信

 
「この人と連絡先交換したい!」

パーティーパーティーでは、カップリングする前に連絡先交換するシステムがあります。

しかし、、
うっかりミスで連絡先送信が出来ずに、第一希望の相手と連絡先交換を失敗してしまうことがあります。

連絡先送信を失敗する3パターンを紹介します。

※この記事では、パーティーパーティーで人気No.1の「個室iParty」を想定しています。

個室iPartyとは、タブレット(iPad)を使用してパーティーを進行していくパーティースタイル。1畳ほどの広さの半個室ブースで異性と2人きりで話せるのが最大のメリット。他人の目を気にせずに、まったり話せることからパーティーパーティーでカップリング率が1番高い人気パーティー。

パーティーパーティーで連絡先送信【3つのミス】

パーティーパーティーで連絡先送信

パーティーパーティーの個室iPartyでは、タブレットを通して自分のメールアドレスを意中の相手に送信することができます。

(スマホdeパーティーなら、タブレットではなく、ご自身のスマホです。)

パーティー中ならいつでも連絡先送信が可能です。

相手にも連絡先送信してもらう

注意点としては、自分のメールアドレスを相手の送信することはできますが、相手のメールアドレスは相手に連絡先送信してもらわなくては知ることができないということです。

カップリング率UPの裏技

お相手から「連絡先交換したい」と印象をUPさせるためには、成功率を43%→84%にしたパーティーパーティー感想 口コミ【必勝法3選】84%成功!?の記事が参考になると思います。

ミス1:プロフィール未入力

パーティーパーティーに申込む際に、メールアドレスを入力します。

連絡先交換するときは、事前に入力したメールアドレスが相手に伝わります。

ただし、「友達と参加」していて、友達に申し込みしてもらった人は、メールアドレスが登録されていません。

もちろん、プロフィールも一切登録されていません。

「友達と参加した人」は、このままでは連絡先送信ができません。

解決策は2つです。

友達と参加した人がすべきこと

  • それぞれでパーティーに申し込む
  • パーティーに早めに行って、プロフィール編集画面からメールアドレスを入力する

パーティー申し込み時に、ちゃんとメールが届いているかチェックしましょう。

届いていれば、大丈夫!

ミス2:連絡先送信システムを知らない

パーティーパーティーに初参加の人は、そもそも連絡先交換の仕方を知らない場合があります。

パーティーの流れは、司会のスタッフが説明してくれますが、あまり聞き取れません(笑)

タブレットを使った「個室iParty」や「スマホdeパーティー」では、お相手のプロフィール画面の下部に「連絡先送信」ボタンがあります。

この「連絡先送信」は、あくまでも自分のメールアドレスをお相手にお伝えするだけで、お相手のメールアドレスを知るためには、お相手にも「連絡先送信」を押してもらう必要があります。

MEMO
お相手に連絡先送信してもらえたら、パーティーが終わってすぐ、あなたのメールアドレス宛てに「相手のメールアドレス」が届きます。

ミス3:忘れてた・・・

パーティーパーティーは、トークタイム→いいねアピール→カップリング希望へ、目まぐるしいスピードです。

男性はクルクルと席の移動があるので意外と連絡先送信を忘れちゃいがち。

とくに好印象の女性のときは、トークタイム終了のギリギリまで話しちゃうので、すっかり連絡先交換のことを忘れちゃいます。

大切なので、もう1度言いますが、相手にも「連絡先送信」をしてもらわなければ、相手の連絡先をGETできません。

だから、トークタイム中に必ず「連絡先交換してください!」とお伝えよう。

パーティーパーティーの連絡先交換【4つのルール】

名古屋東海街コン

連絡先交換のルール

  • パーティー後に事務局を通して連絡先交換は一切できない
  • 連絡先交換の方法は、メールアドレスを「タブレットで連絡先送信」
  • 相手の連絡先を知るためには、相手に操作をしてもらう必要がある
  • カップリング成立したら、建物下で合流してLINE交換ができる

パーティーパーティーで連絡先交換するのにスタッフさんが仲介に入ってくれることはありません。

だから、トークタイムで異性から「この人ともう少しおしゃべりしたい!」と思われることが最低条件です。

関連記事:街コンの選び方+おすすめ2選【70回参加した失敗談アリ】